紫外線対策や化粧品で美白を目指す方法

美白な肌を目指すには紫外線対策や化粧品のほかにも、美白効果のある食品を摂取するなど様々な方法があります。美白するには、紫外線対策が重要ですので、帽子をかぶったり、日焼け止めを塗るように気を配りましょう。美白に役立つ成分が配合されている化粧品で、お肌のメラニンを減らすという方法もあります。日焼けをした直後の肌は乾燥しやすくなっていますので、化粧水をつけるといいでしょう。紫外線を浴びた肌は、軽度のやけどをしたのに近い状態です。日焼けのひどい時に化粧水を直接つけると、炎症を引き起こすことがあります。新しい美白化粧品を使い始めた時は、短くても3カ月はその化粧品を使ってみてください。化粧品を切りかえたからといって、直後に肌が白くなることはありません。美白に役立つ食べ物を摂取する場合には、活性酸素を減らす効果のある食べ物がおすすめです。ビタミンCやビタミンEは強い抗酸化作用があり、別名抗酸化ビタミンとも呼ばれています。緑黄色野菜をたくさん食べることで、ビタミンCやEが摂取できます。ビタミンCは、熱をかけると壊れてしまう性質かありますので、できれば生の状態で野菜は食べるようにしましょう。ビタミンCやEの多い食材には、キウイなどのフルーツもあります。また、豆乳から摂取できるL-システインは、美白効果の高い栄養素です。日焼け対策や、美白化粧品を使った毎日のスキンケア、そして美白に役立つ栄養を食事から補給することなど、美白にいいことはたくさんありますので、試してみてください。
マユライズはマツゲ美容液としても使うことができます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です